「早くて」「気持ちいい」といい。

帰りに寄るディスカウントショップの深夜帯のレジ担当の方、
早くレジ打ちをしてくれるのはいいんだけど、
「イラッシャイマセ-」「98エンイッテ-ン」みたいな感じで、
しゃべりまで倍速なの、なんか気になってしまう…。

自分たちの仕事にしてもそうなんだろうけど、
早さはもちろんのこと、
丁寧さ、事情を良く理解して先回りするような親切さ、とかも
意識していかないと…とちょっと思った出来事でした。

はなびえですね

<img src="http://magmablog.sakura.ne.jp/hitokoto/wp-content/uploads/2018/04/instabae09-300×270.png" alt="" width="300" height="270" class="alignnone size-medium wp-image-3626" /
花粉症かも?花冷えで寒気がするだけかも?
この季節どっちもありかな?と思って見逃してしまいがちですが
風邪のひきはじめに気をつけたいと思います。

自分たちで決める。

春のセンバツ高校野球で話題になった、滋賀県・膳所高校の作戦は
相手チームの打球の方向を徹底的に分析するメンバーを用意した「データ野球」。
センターに打球が飛んでいく確率が高ければ外野手を集中させるなど、
守備力をデータを用いたポジショニングでカバー。
部活時間がどうしても強豪校より少なくなる進学校ならではのやり方。


しかし守備の予想が外れてしまった場合にはどうするんだろう?

自分たちの信じたやり方で「全力投球」したのだから、それが外れても責任を持つ。
結果として選手たちの集中力が高まるというのをラジオの解説で聴いた。
思い切りよくプレーした方がいい結果になる、ということかな?