自分たちで決める。

春のセンバツ高校野球で話題になった、滋賀県・膳所高校の作戦は
相手チームの打球の方向を徹底的に分析するメンバーを用意した「データ野球」。
センターに打球が飛んでいく確率が高ければ外野手を集中させるなど、
守備力をデータを用いたポジショニングでカバー。
部活時間がどうしても強豪校より少なくなる進学校ならではのやり方。


しかし守備の予想が外れてしまった場合にはどうするんだろう?

自分たちの信じたやり方で「全力投球」したのだから、それが外れても責任を持つ。
結果として選手たちの集中力が高まるというのをラジオの解説で聴いた。
思い切りよくプレーした方がいい結果になる、ということかな?

「金シャチ横丁」OPEN!おめでとう!

280329magmaikoma

金シャチ横丁では「名古屋めし」を楽しめるそうですね!
実は「尾張の特産メニュー」の根底に「三河の伝統の味噌」があるのです!って再認識。
今は同じ「愛知」のくくりですが昔は別の国。

私は尾張エリアから通勤していますが、この春から子が三河エリアに移住することになりました。
そこで新たな交流の機会を持ち「尾張」と「三河」の違文化知りました。
味の(?)戦国愛知!
味噌煮込みうどん〜「尾張」と「三河」の味の融合、もう、これこそ「愛」ではないでしょうか!
金シャチ横丁でたくさんの方に「愛知」の愛を知っていいただく機会が結ばれるといいですね!