ゴローちゃんの目の輝きの誕生秘話を知る…。

週末、漫画家・谷口ジローの訃報を聞き
名古屋ドーム近くの老舗の漫喫「まいける」で、ひさびさに手に取った「孤独のグルメ」。

IMG_6943-2

このワザとらしいメロン味!とともに。

 

90年代末、単行本を地元の図書館で読んでハマり、
上京した時は生活用品を揃えるより先に
「石神井公園のカレー丼」を食べにいき、
果ては群馬県・高崎まで、あの焼きまんじゅうを食べに
自転車で100kmこいでいくレベルの老害ファンだった自分。
12年の時を経て復活して以降の「孤独のグルメ」(新装版・病院食編以降)は
ゴローちゃんの造形に骨太感が足りなくなったり
(初期は顔のパーツが中心に集まっていて輪郭がゴツっとしてる印象)
モノローグ、というかやたら声に出して言う独り言の数が多くなったし、
無駄にアームロックかける展開とか、寒いダジャレとか、
元のコンビの作品なのに別人のパロディを見てるような感じがして
2巻の評価はガタ落ち、ドラマ版もそこまでハマって観てなかった。

写実の粋を極めた背景や食事のトーンワークから
紫煙をくゆらせながらのハードボイルドなゴローちゃんのキメ顔のシメまで
一コマ一コマ、久しぶりにじっくり読み返す。
やっぱり、これじゃないとな…!

新装版は持っていなかったのでラストの作者の対談をはじめて読む。
いままでにないハードボイルド風味のグルメマンガで
めしの「うまさ」をどう表現するかに最初は悪戦苦闘、
3話目「浅草の豆かん」の回ぐらいからコツをつかんできたということだったけど、
たしかに、うまさを「目で語る」この回から、
水を得たようにゴローちゃんが生き生きしてくる…。

IMG_6955
なんかこーゆー感じのやつ。

kodoku_no_camera

上のみたいな写真はiPhoneのアプリ「孤独のカメラ」でつくれるのでぜひお試しを…。

高岳で見つけた、隠れ家のワンコインランチ[とみや]

高岳近辺を通った時に看板を見かけて気になっていた
「野菜煮付盛り合わせ 500円」定食の店、
タイミングが合ったので寄ってみることにした。

IMG_5720

外観の得体の知れなさがかなりそそる。

IMG_5723
盛り多めのごはんにカウンター上のおそうざいからの盛り合わせ、
これにフルーツまで付いてきてワンコインで収まる。ランチパスポート?必要ありません。

Pplwo
追加でささみ・コロッケなどの「フライ」(150円)の中からハムカツを注文。
「カレーがけ」がサービスってのがうれしい。

 

とみや
名古屋市東区泉3-30-1
定休日 土・日・祝

「日本よ、これが中国映画だ」ぐらいの勢いで来るのかと思ってたけど…。[人魚姫]

中国で歴代一位の興行収入だったという映画、「人魚姫」(原題:美人魚)
撮ったのは、日本では「少林サッカー」で知られたチャウ・シンチー。
中国人に大受けするって言うのはどんなエンターテイメント超大作なんだろう?
と、気になっていたが、日本でも先週末、ひっそりと公開。
「日本では売れない」というレッテル貼りで、ほぼやる気無し…。
中部地方だとコロナワールドが何館かで上映してくれてるけど、
東京だと1館だけって…そんなに日本人ウケしない中華風味なら逆に気になる。

 

img_6812

B級映画、観るならココだろうと
「マッドマックス」以来で来た地元のシネコン、「春日井コロナ」。
入口の急な階段を一段抜かしで登っていく時の
ワクワク感がいいんだよな〜なんて思ってたら、
ついに来てしまったか…「閉館のおしらせ」。

img_6813

車で5分の近所のシネコンの方が設備もラインナップもいいとはいえ、
ココで映画を見て育ったものとしてはやはり寂しい。



かんじんの映画の内容は
露骨な貧乏・マヌケ・ハゲ・デブ・うんこといった
チャウ・シンチーお得意の小学生レベルのギャグで笑かそうとする、いつものやつ。
中国で「君の名は。」がウケていると言っても文化の壁、大きいね…。

いろんな意味で、劇場で見たことを後々自慢できるかもしれないので、
得難い体験をしたい人は良かったらどうぞ。

さよならau、よろしくmineo。

iPhone 6を買って2年、やっと月賦を払い終わったけど、
あってもろくに使わない、というか
これのせいで割高になってるような気がする通話定額プランで
恩恵を受けている訳でもなく、
Wi-fiを拾えばいいやと、ケチった月2GBのパケットも
今となっては若干少なめ、月末は速度制限に怯えている…。

というわけで、auで契約したiPhoneを格安で使えるという
「mineo」に大晦日に乗り換え。
ヤフオクで受付用の番号だけ売ってるようなやつだと
Amazonギフト券が後にもらえるらしいキャンペーン対象だったりするので、
実質乗り換え無料…?と思ったけど
従来使っていた携帯会社からの転出手数料(auの場合 – 3,240円)を取られたりだとか
「毎月割」が転出月には効かなくなるので
毎月のカードの引き落とし、安くなった〜と感じるのはもっと先だろうな。

 

mineo、他の「格安」の会社にはない、いいところ=選んだ理由としては
価格.comの掲示板みたいな
「おトクに、便利に使いたい」ユーザーのコミュニティができあがってるところ。
運営に年賀状送ったりオフ会行ったりまではしないけど
別の「格安」のやつを使っていた時だと
いろんなサイトを見つつ、いちいち調べないといけなかったようなことが
サクッとわかるのは便利かも。



って、あんまオチがないなー。
あまりのひどさにショック死するほどの
圏外状態とか逆に期待してしまうんだけど。
データ通信を外で使いがちな正月には
「おみくじ」と称して追加でパケットくれたりとか、
かゆいとこに手が届くサービスもあったりして、今んとこは好印象…。

『808: The Movie』観ました

roland_tr-808_drum_machine

From Wikipedia

一定のパターンを奏でるだけ、電子オルガンの添え物でしかなかったリズムマシンが
マイクロコンピューターやメモリーの技術進歩によって
やっと思い通りのフレーズを一曲演奏できるようになった最初期の機材、ローランドのTR−808
1980年から数年間しか製造されなかったけど、
エレクトロファンク、ラテン・フリースタイル、イタロディスコ、シカゴハウス、デトロイトテクノ、
マイアミベース、クランク、バイレファンキ、ジャングル、エレクトロクラッシュ……
日本製のこの楽器の音が存在しなければ、そんな音楽のジャンル自体生まれなかったかもしれない。

そんな808が生み出した音楽にまつわるドキュメンタリー『808:The Movie』
制作のアナウンスから3年?4年?待ちわびていたけど、先週末やっとこさ公開。
日本でもApple Musicで観られるようになってたので早速、視聴。

808の発売から時を置かずに
より生ドラムに近い、リアルな音を出すデジタル・ドラムマシンや
サンプラーが続々と開発されていた80年代。
それらが音楽制作の第一線で使用されていく一方で、
リアルを超越した、唯一無二の音を奏でる808に夢中になっていた奴らが生み出した、
革新的なダンスミュージックの歴史の一コマ一コマを拾い上げ、話はいまへと進んでいく。

808の音をはじめて聴いた時のことを夢中になって話す、スーパースター達が
もれなく出っ腹、シワシワのおっさん化していてほほえましくもありつつ、
時の流れは残酷だな〜なんて思うけど、
彼らが生み出した名曲、808の奏でる音はいつまでも色褪せない…!