さよならau、よろしくmineo。

iPhone 6を買って2年、やっと月賦を払い終わったけど、
あってもろくに使わない、というか
これのせいで割高になってるような気がする通話定額プランで
恩恵を受けている訳でもなく、
Wi-fiを拾えばいいやと、ケチった月2GBのパケットも
今となっては若干少なめ、月末は速度制限に怯えている…。

というわけで、auで契約したiPhoneを格安で使えるという
「mineo」に大晦日に乗り換え。
ヤフオクで受付用の番号だけ売ってるようなやつだと
Amazonギフト券が後にもらえるらしいキャンペーン対象だったりするので、
実質乗り換え無料…?と思ったけど
従来使っていた携帯会社からの転出手数料(auの場合 – 3,240円)を取られたりだとか
「毎月割」が転出月には効かなくなるので
毎月のカードの引き落とし、安くなった〜と感じるのはもっと先だろうな。

 

mineo、他の「格安」の会社にはない、いいところ=選んだ理由としては
価格.comの掲示板みたいな
「おトクに、便利に使いたい」ユーザーのコミュニティができあがってるところ。
運営に年賀状送ったりオフ会行ったりまではしないけど
別の「格安」のやつを使っていた時だと
いろんなサイトを見つつ、いちいち調べないといけなかったようなことが
サクッとわかるのは便利かも。



って、あんまオチがないなー。
あまりのひどさにショック死するほどの
圏外状態とか逆に期待してしまうんだけど。
データ通信を外で使いがちな正月には
「おみくじ」と称して追加でパケットくれたりとか、
かゆいとこに手が届くサービスもあったりして、今んとこは好印象…。

『808: The Movie』観ました

roland_tr-808_drum_machine

From Wikipedia

一定のパターンを奏でるだけ、電子オルガンの添え物でしかなかったリズムマシンが
マイクロコンピューターやメモリーの技術進歩によって
やっと思い通りのフレーズを一曲演奏できるようになった最初期の機材、ローランドのTR−808
1980年から数年間しか製造されなかったけど、
エレクトロファンク、ラテン・フリースタイル、イタロディスコ、シカゴハウス、デトロイトテクノ、
マイアミベース、クランク、バイレファンキ、ジャングル、エレクトロクラッシュ……
日本製のこの楽器の音が存在しなければ、そんな音楽のジャンル自体生まれなかったかもしれない。

そんな808が生み出した音楽にまつわるドキュメンタリー『808:The Movie』
制作のアナウンスから3年?4年?待ちわびていたけど、先週末やっとこさ公開。
日本でもApple Musicで観られるようになってたので早速、視聴。

808の発売から時を置かずに
より生ドラムに近い、リアルな音を出すデジタル・ドラムマシンや
サンプラーが続々と開発されていた80年代。
それらが音楽制作の第一線で使用されていく一方で、
リアルを超越した、唯一無二の音を奏でる808に夢中になっていた奴らが生み出した、
革新的なダンスミュージックの歴史の一コマ一コマを拾い上げ、話はいまへと進んでいく。

808の音をはじめて聴いた時のことを夢中になって話す、スーパースター達が
もれなく出っ腹、シワシワのおっさん化していてほほえましくもありつつ、
時の流れは残酷だな〜なんて思うけど、
彼らが生み出した名曲、808の奏でる音はいつまでも色褪せない…!

Q:トースターを作るには? 
A:まず服を脱ぎます…。
[ゼロからトースターを作るには?]

img_6381

美大の卒業制作でトースターを手作りするため、
鉄からプラスチックから何から、その原料をさがす根源のところからはじめるという製作記、
「ゼロからトースターを作ってみた」
ミスドでおかわりミルクティーをがぶ飲みしながら一気読みしてしまった。

よくよくかんがえると、
自分たちが得意顔で使ってるスマホなんか、中が一体どうなってるんだろう?
ダイヤル式の黒電話ですら原理が分からないというのに。
ものの仕組みを理解すること、値札には現れないものづくりのコストを知ること、
アプローチはギャグそのものなんだけど、
(作者のトーマス君、ホントに森で全裸になって通報されたそう…)
WikipediaやGoogle検索で知ったかぶりしているより100,000,000倍いい!
こいつと友達になりたい!


ちょっとでも気になったらトーマス君のTEDもどうぞ…。

治療費>プロテクター

img_6273

お前にはムリ!というお告げなのか、MTBで坂を上る途中に大コケ。
ケガする直前の、
目の前の景色がスローモーションになるあの感じ、いったいなんなんだろう…。
骨には異常なかったけど、
10日経った今も、いまも右すねの湿布が手放せない。

dsc_19911
いつかは買おうと思ってたけど、
治療費>やっすいプロテクター代(エルボー・ニーシン)だったので
このタイミングで購入。

モーニングおでんのあるまんが喫茶[ビードリーム松河戸店]

img_8541
大垣に行った時、喫茶店のモーニング代わりにと、
友達に連れてきてもらった
21号沿いの老舗の漫画喫茶、「ビードリーム」
90分・450円の基本料金の中に
ごはんやらみそ汁やら生卵やらフライやら煮物やらの
食べ放題のモーニングが付いてて、
「大垣…一体どうなってんだ!」なんて思ってたら
家の近所にもチェーン店があるのに気付いた。

img_6221

同じくロードサイド、国道302号沿いの松河戸店。

img_6222

漫喫あまたあれど、おそらくこのチェーン店にしかないであろう、
ドリンクバーならぬ、おでんバー。(モーニング限定)
大根とこんにゃくのみそおでん食べながら
だらだら漫画や雑誌を読んで過ごす時間、
気付けばモーニングの90分があっという間…。
通常は6:00~11:00までのモーニング、
土日祝だと13:00までということもあり、
オープン席の他人のテーブルの上の伝票を見たら、
けっこうな割合で3時間パック(600円)率が高い。上級者だ…。

はじめて行く漫喫、棚の配置が分からないので必要以上にうろうろ。
人一人がとおれるのがやっとという通路の奥、
薄暗いブース席の、閉ざされた扉の中から
なんだか聞き覚えのあるチャッチャッチャッ…という音。これなんだっけ?
……たまごかけごはん作る時に生卵を溶く時のあの音だ!
普通の漫喫/ネットカフェでは決して聞けないような生活音、
こんなところで不意に遭遇するとドキッとしますね。

 

ビードリーム 松河戸店
愛知県春日井市松河戸町2600
TEL:0568-83-1567
24時間営業